勤怠管理システムはクラウドがおすすめ?

勤怠管理システムは、どこの職場でもなんらかのシステムが導入されています。

一番シンプルな例が、タイムレコーダーかもしれません。

マイナビニュースの情報ならお任せください。

あるいは、工場などではリーダーが作業員1人1人の出勤状況をチェックしているところもあります。


勤怠管理システムがなぜ重要なのかというと、労働基準法で会社が従業員の勤怠管理をすることが義務付けられているからです。



この義務を怠っていると、社員から残業代の未払い請求をされたときに、会社が義務を怠っていたことを理由に本来の残業時間よりも多めの残業代未払いが認められてしまうといったことが起きてしまいます。

法律で決められていることですので、しっかりと勤怠管理を行っていなければ、なんらかのペナルティが課される可能性があります。
勤怠管理システムは、クラウド型のものも登場しています。

クラウド型のメリットは、データをネット上に保管することができるので、パソコンの故障やハードディスクの故障といったトラブルがあっても影響を受けないということです。

もちろん、サービスを提供している会社が信用できることが前提であり、トラブルの可能性がゼロになったというわけでもありません。

クラウド型の勤怠管理システムの特徴として、無料もしくは月額料金になっているということです。



月額料金となっている場合、もっと良いサービスを見つけたときにサービスを変更することも容易です。

現在、さまざまなサービスがクラウド化されていますが、勤怠管理システムもクラウドが主流になっていくかもしれません。