勤怠システムを導入するメリット

勤怠システムとは、従来のタイムカードによる勤怠管理をデータ化することで、業務の効率をはかるシステムです。

タイムカードや出勤簿による勤怠管理は、一見シンプルで無駄がないように思えますが、紙を使った勤怠管理には、膨大な手間と時間がかかっています。

また人による処理ですから、ミスを起こすこともありますから、システムを利用するメリットは大きいといえます。

本当のGirls Channelに関する情報を見極め、信頼できる情報を厳選しました。

企業の経営資源には、人、モノ、金、情報の4つの要素があり、中でも人はもっとも重要な要素です。

そのため、従業員の勤怠状況を管理することは、給与を支払うための側面だけでなく、コンプライアンスの観点からも、必須の課題といえます。
従来のタイムカードを用いた紙の勤怠管理は、集計作業に時間がかかるだけでなく、集計作業上のミスも発生する可能性があります。



これをデータ化することで、従業員の勤怠情報をリアルタイムで状況確認することができると同時に、各拠点の情報を一元化することも可能となります。

またタイムカードの打刻とは違って、勤怠システムでは、生体認証式のタイムレコーダーを使用することで、不正打刻を防ぐこともできます。



また勤怠システムを導入したことで、勤務態度がリアルタイムにチェックすることができるため、ほかの従業員とも比較しやすく、適正な評価にもつながる点がメリットといえます。

そのほかにも、休日や有給管理、残業基準の設定による警告機能などを活用することで、さまざまな業務改善効果を期待できます。